白鴎高等学校 第71回卒業証書授与式

2019年3月9日、9期生の卒業証書授与式が執り行われました。
天候の不安定な日が続いていましたが、当日には晴れ間も見え、爽やかな門出の朝となりました。

式後には、オーラムにて保護者の方々が「卒業を祝う会」で先生との別れを惜しみました。

善本校長先生が9期の合格祈願にと置いてくださっただるま。

祝う会では、「白」「鴎」の文字が入ったチロルチョコがお土産に。

平成30年度合唱コンクール 結果発表

2019年2月18日(月)、練馬文化センターにて合唱コンクールが開催されました。

審査の結果をお知らせします。入賞クラスの皆さん、おめでとうございます!

【学年賞】
1年2組
2年2組
3年3組
4年4組
5年2組

【指揮者賞】
中学  2年2組
高校  5年5組・4年6組

【伴奏者賞】
中学  3年3組
高校  5年1組

【中学優勝】
3年3組

【高校優勝】
5年2組

【総合】
1位  5年2組
2位  5年1組
3位  5年3組・5年4組
5位  5年6組
6位  4年4組

【生徒賞】
1年2組
2年2組
3年3組
4年は規定を満たさないクラスがあるため該当無し
5年2組

今年度も会場は練馬文化センターでした。

善本校長先生の挨拶。

表彰式の様子。

総合優勝の5年2組の再演。

 

中学校 給食試食会

平成30年度給食試食会が去る12月30日に東校舎にて開催されました。
各学年教室に分かれ、ランチボックスを美味しくいただきました。担任の先生方にもご参加いただき日頃の生徒の給食の時間の様子なども知れました。
お喋りに夢中になってしまうと残食が出てしまうと聞いて気になりましたが、子供達が楽しいランチタイムを過ごしているようで保護者としては嬉しかったです。米飯はまだ温かさが残っていました。惣菜は衛生管理の問題もあり、20℃以下とのことでした。
試食後、東京都の管理栄養士さんよりランチボックスについてお話がありました
①外部調理委託方式について
献立作成上の留意点など
情報をいただけて勉強になりましたし、納得したところが多々ありました。
新学校給食摂取基準(12~14歳)によれば、学校給食において生徒1人1回あたりの摂取基準は、エネルギー830kcal、たんぱく質は全体の13~20%、脂質について20~30%、ナトリウムは2.5g未満とのことです。ただ、東京都が小3、小5、中2の子供達を対象に一定期間の3食の食事状況調査を行ったところ、いずれの学年もナトリウム過多という結果であり、それを踏まえますと昼食時のナトリウム摂取量はマイナスの値となるそうです。そこで、子供達の健康のために調味料を控えた減塩の給食献立となるようです。
試食した保護者の年代には素材を生かした優しいお味で程よく感じられましたが、子供達には減塩給食は物足らなく感じられることでしょう。しかし、試食会参加で、ランチボックスの内容がよくよく考えられた献立内容であると知 れました。改めて給食に関わる方々に感謝する機会となりました。ありがとうございました。

創立百三十周年記念祝賀会

11月22日(土)創立百三十周年記念式典に引き続き、祝賀会が上野精養軒にて行われました。

白鴎にゆかりのある240名超の出席者をお迎えし、旧交をあたためたり、現在の交流を深めたりと、なごやかに会は進行。
余興には、白鴎和太鼓部のご指導をしてださる大江戸助六太鼓のみなさまに、祝い太鼓を演奏いただきました。
おひらきにあたっては、白鴎130年の歴史とこれからもつながる未来に、万歳三唱にて締めくくりました。
祝賀会にご協力、ご出席いただきましたみなさま、ありがとうございました。

開会の言葉 後援会理事長の寺島稔さまより

双鴎会会長 竹田賀代より挨拶

乾杯のあとはなごやかに歓談

大江戸助六太鼓のみなさまによる迫力ある和太鼓演奏

閉会の言葉 鴎友会の土屋雅司さまより

 

創立百三十周年記念式典

11月22日(木)創立百三十周年記念式典が東京文化会館(上野)大ホールにて執り行われました。

「生徒のかがやく姿を見ていただく式典にしたかった」という善本校長先生のお言葉のとおり、
日本の伝統・文化枠生徒による公演、生徒の英語プレゼン、吹奏楽部演奏と白鴎生がいきいきと活躍する様子を披露してもらいました。
白鴎高校卒業生の俳優・柴俊夫さまにもご講演いただきました。

善本校長先生の式辞

栗田光さんによる生徒代表の言葉

生徒による学校紹介「HAKUO TOMODACHI Project」

吹奏楽部による演奏